いたばしプロレスリング

いたばしプロレスリング


SHOPPING

いたばしプロレスチケット
いたプロショップバナー150-55.jpg

チケットプレイガイド
eプラス


DVD
『ルチャドール はやて』
127分 ¥3,900(消費税込)
発売中!


LINK

モヤさまご視聴ありがとうございました

「モヤモヤさまぁ〜ず2」ご視聴いただきありがとうございました。
たくさんの激励のメッセージを頂戴しました。
これからも基本理念を忘れず、身の丈をわきまえて活動してまいります。


2015年を振り返り

2015年が暮れようとしています。

この一年、
たくさんの方々とたくさんのお話をさせて頂き、
たくさんのご支援をいただきました。
ありがとうございました。

いたばしプロレスを立ち上げて1年。
デビューして20年。
そして51歳。
レスラーとしての生き方やプロレスに対する感じ方もすっかり様変わりしました。

私は、
プロレスラーとして
いたばしプロレスを通じて板橋の町々に私の20年分の積み重ねを必用な場所に笑顔というカタチでお返ししたいと思っています。

自身の体のケアや鍛錬を怠ることなくストイックな気持ちを捨てずに頑張らないといけない、と自分に言い聞かせてはいますが中々思うようにはいきません。
年々それが難しくなってきています。

いたばしプロレスは今年、
朝日新聞さんやNHKさんのドキュメント番組で取り上げていただきました。
全くもって支えてくださる方々のおかげです。

周りの方達からの沢山のご支援を頂戴していたばしプロレスとはやては2015年を走り抜けることができました。


培ったものは必要な場所へ還元すべし。
天から授かったものは世のために使うべし。



今年1年、いたばしプロレスリングとはやてを応援して頂きありがとうございました。
この体が動く限り、誰かの笑顔のために走り続けます。


それでは皆さん
良いお年をお迎えください。

はやて









年内最終戦 気仙沼二郎選手

年内の試合日程は全て終了しました。

ASUKA PROJECTさんの後楽園ホール大会で20周年の記念試合をさせていただきました。

こまち、やまびこと
東北EXPRESSを再結成し、
敵チームにはみちのくの気仙沼二郎選手。

スタートからヨネさん(私は沼さんとは呼びませんが)とルチャスタイルのレスリングでファーストコンタクト。
体で会話できるのが私たちの職業です。

最初に出会ったのが1993年。22年半くらい経つでしょうか。
寡黙でいつも本を読んでいた印象があります。
2001年に私が大阪からみちプロへ移った時にはヨネさんはリングから離れていて、リングで一緒に仕事ができるようになったのは2003年くらい。
お互いにリングネームと姿を変えての再会でした。
あの時と同じように今日も同じリングに上がっている。
そのことが不思議に感じたり自然に感じたり。。。

2015年の最後の試合。
懐かしさや男クサさ満載の良い一日でした。

ASUKA PROJECTさん
篠瀬社長
畠田GM
皆さんありがとうございました。



いたばしプロレスリング12月23日大会終了しました

日付変わって24日です。
いたばしプロレスリング板橋グリーンホール大会大盛り上がりのうちに無事に終了しました。

第一試合からお客様のテンションはMAX。
回を増すごとに、
その盛り上がり方は半端でなくなってきました。
本当にみなさんに喜んで頂けて感無量です。

「板橋に元気と笑顔を!をモットーにプロレスを通じてより良いコミュニティーの形成を目指してまいります」
いたばしプロレスの基本理念です。

旗揚げから2年目に入りましたがこの理念は全くブレることがありません。

沢山の方々のご協力を頂いて今日のいたばしプロレスリングがあります。
いたばしプロレスリングは、はやてのものでは勿論ありません。
板橋を元気にしようと願う皆さんのものであり、応援してくださる皆さんの気持ちそのものがいたばしプロレスだと思っています。

はやて個人のことを言えば51歳になり、競争心や闘争心が若い頃に比べ格段に減少して自分へのこだわりがなくなったことで気持ちが楽になりました。
先のことはあまり考えずただただコツコツと、人と人を笑顔でつなぐ努力をしていければと思っています。

培ったものは必要な場所へ還元すべし。
天から授かったものは世のために使うべし。

鈴木のバトルロイヤル優勝にいたばしプロレスの未来を感じました。
上板橋北口、ハッピーロード大山、中板橋の3商店街の3人のヒーローかリングで戦っている姿を見て涙が溢れてきました。

年の瀬でありますが、
いたばしプロレスは来年も沢山の笑顔を作り、また皆さんと一緒に笑顔でいられるように努力を積み重ねてまいります。

ご来場頂きましたたくさんのお客様、
ご協力頂きました皆様、
選手スタッフのみんな、
心より感謝いたします。
ありがとうございました。

いたばしプロレスリング
板橋グリーンホール 大会
12月23日(水・祝)
板橋グリーンホール17:30
観衆:245人(超満員札止め)

<試合結果>
▼第1試合
15分1本勝負
○ ウルフ智也&SAGAT (12分05秒 逆エビ固め) 那須晃太郎&鈴木心 ●

▼第2試合 女子プロレス
15分1本勝負
○優華 (9分19秒 エンジェルス・トランペット・スープレックス・ホールド) 長崎まる子 ●

▼第3試合
20分1本勝負
● 菊タロー (10分10秒 片エビ固め ※ハッピーアロー) ハッピーロードマン○

▼セミファイナル
時間無制限1本勝負
はやて&○グレート・ピカちゃん&なかいたへそマスク &ゴールデンパイン (20分59秒 片エビ固め ※グレート・ピカちゃんアタック) マグニチュード岸和田&円華&守部宣孝&中里哲弥 ●

▼メインイベント
東上線バルPresents
Xmasスペシャルバトルロイヤル
「いたプロ14(フォーティーン)」
時間無制限
退場順
1.はやて、 2.SAGAT、3.マグニチュード岸和田、4.菊タロー、5.那須晃太郎、6.円華、7.ウルフ智也、8.なかいたへそマスク、9.ハッピーロードマン 、9.グレート・ピカちゃん、11.ゴールデンパイン、12.中里哲弥、13.守部宣孝

○鈴木心(11分28秒 エビ固め ※) 守部宣孝●

優勝:鈴木心




いたばしプロレス12/23

大会前は準備でバタバタバタバタバタバタとしております。

ここ数日、いたプロのメンバーは鈴木心が差し入れてくれた「藤岡珈琲(Muy fuerte・Very strong)」を飲みながら事務所に詰めて準備作業に没頭しておりました。

というわけで、
明日はいたばしプロレスグリーンホール大会です。
おかげさまでチケットは売り切れです。
当日券もありません。
悪しからずご了承ください
m(_ _)m

明日も思いっきりバタバタするぞ〜!



年末に向けての諸々

息子からのプレゼント。
1.タオル→練習やトレーニングで使うから
2.マグカップ→好きそうだから
3.ガラケー置き→いつも「俺のガラケーどこにあるか知らない?」って聞かれるから
だそうです(T_T)

守部からはおしゃれ〜で暖か〜い服を頂きました!
いつもありがとう!

あ、かみさんからは
「おめでとう」の言葉のみを頂戴しました。。。

さて、
もう4月大会のチケットが届きました。
来年の話なのに我ながらせわしないです。

せわしないと言えばまさに師走。
年末に向けての諸々です。

・23日いたばしプロレスリング 板橋グリーンホール
・25日ハッピーロード大山クリスマスイベント
・26日アイスリボン 蕨レッスル武闘館
・27日ハッピーTV大望年会(忘年会)
・28日ASUKA PROJECT後楽園ホール
・29日アイスルチャ練&ルチャサークルコーチ

無事に正月を迎えられればと思います!








51歳にて

たくさんのお祝いのメッセージありがとうございます!
本当にたくさん頂いてしまいました。
大会の準備でバタバタしていて、すぐに返信できずすみません。
順に返信しますので少しお待ちくださいm(_ _)m

さて、
改めまして
51歳
です。

人を打ち負かす闘争心はもうどこにも無いようです。
培ってきたものは必要なところへ還元すべし、と思っています。
正直、いつまでプロレスラーという仕事を続けていけるのか私自身にもわかりません。
だからこそ、体が動くうちにプロレスラーとしての役割を誰かの笑顔のために果たしておきたいと思うのです。
決して長くはない残りのレスラー人生にあと少しお付き合い頂ければ幸いです。

あとはもう少し大人として落ち着けたらいいなぁと他人事のように思っています(^-^)


アカプルコの青い翼

リスマルクさんが亡くなられたそうです。
最後にお会いしたのが1998年のメキシコ。
アレナメヒコの朝練に通ってる時によくお会いしました。既に練習は殆どされてなかったと記憶しています。
私は修行真っ只中でした。

アカプルコの青い翼。
カッコよかった。
どうぞ安らかに。

ビックリ!

胆嚢のポリープが消えてました!
そんなこと、あるんですね。



2016週プロ選手名鑑

2016週プロ選手名鑑
今年も掲載していただきました。

素顔や様々なマスクマンをこなしていた頃の選手名鑑には私が二役、三役と登場していることもありました(^-^)

団体所属選手のページからフリー選手のページに掲載されるようになってどれくらい経つだろう?
業界の選手の顔ぶれやポジションも随分変わったなぁと。。。

改めて読み返してみたら、
岸和田さんやツバサさんや菊さん達が私のそばに掲載されていて私は嬉しくてひとりで微笑ってしまいました。
まるであの頃の仲間達を集めた卒業アルバムのようで(^-^)

週プロさん、いつもありがとうございます。



<< | 2/7PAGES | >>